本文へ移動

防災豆知識

防災豆知識

非常用発電機負荷試験の改訂について

【平成3061日付で自家発の負荷運転について法令の改定が行われました。(平成30年消防庁告示第12号)】
 
自家発電設備の負荷運転の変更点についてまとめると、
 
○負荷運転(実負荷・模擬負荷)について
   →内部観察にて代替を可能とする。
   実施時期については
   ・ディーゼル発電機の場合・・・一定条件を満たせば6年に1度でOK
   ・ガスタービン発電機の場合・・・無条件で負荷運転の必要なし
 
 〇ディーゼル発電機の負荷運転免除条件
  1. 1年ごとに確認すべき項目に不良がないこと
  2. メーカーが設定する推奨交換期間内に交換すべき部品を交換していること 
 
〇本年度の対応
  ・平成29年5月以前に負荷運転を行った場合
    →上記①、②について毎年行っていることが書面で確認できる場合は前回実施から6年間の負荷試験または内部観察を免除できる。
      ↑が書面で確認できなければ負荷試験か内部観察を行う。
  ・平成29年6月以降に負荷運転を行った場合
    →上記①、②を行えば前回実施から6年間の負荷試験または内部観察を免除できる。(平成29年6月以降実施の場合のみ速やかに部品交換等を行えば免除OK)
 
と、なっておりました。
お問い合わせ
042-394-7846
Fax 042-395-5457
メールフォーム
株式会社千代田防災
【本社】

〒189-0026
東京都東村山市多摩湖町1-24-1
TEL.042-394-7846
FAX.042-395-5457
【高田馬場営業所】
〒171-0033
東京都豊島区高田3-14-21
TEL.03-5927-9910
FAX.03-5927-9917
<業務内容>
・消防用設備保守点検
・消防設備設計、施工
・防火対象物定期点検
・特殊建築物定期調査
・建築設備定期検査
・防火設備定期検査
・建築物飲料水貯水槽清掃
・防災管理点検
・防災用品販売
・防犯装置設置工事
<事業許可・免許>
消防施設工事業
電気工事業
東京都知事許可(般-29)第71616号
0
4
4
4
0
3
TOPへ戻る