事業内容

建造物の消防設備設計・施工から改修工事まで全てお任せ下さい!

  ビル、マンション、不特定多数の人が出入りする劇場や百貨店、多くの人が集まる学校や会社では、建物の規模、用途、面積、構造、収容人員などにより、各種の消防設備の設置が必要になります。
 千代田防災では、実績のある有資格技術者が設計・施工を行っております。

消防用設備保守点検

 消防用設備点検は、日々の維持管理が大切
 消防用設備の点検は防火対象物関係者の義務です!
 (防火対象物関係者とは建物の所有者・占有者・管理者を指します。)
 せっかくの防災設備がいざという時に機能しなければ意味がありません。
 そのために日頃の維持管理が必要です。

1.点検の内容と期間
  機器点検:6ヵ月に1回 総合点検:1年に1回

2.点検実施者
 消防設備士又は消防設備点検資格者が点検を行わなければならない防火対象物
 延べ面積1,000㎡以上の特定防火対象物(デパート、ホテル、病院、飲食店、地下街など)
 延べ面積1,000㎡以上の非特定防火対象物で消防長又は消防署長が指定したもの
 (工場、事務所、倉庫、共同住宅、学校など)
 屋内階段(避難経路)が1つの特定防火対象物
 上記以外の防火対象物 防火管理者などの関係者が行うこともできますが、確実な点検を行うために消防設備士又は消防設備点検資格者に行わせることが望まれます。

3.改修・整備
 不良個所があった場合は、すみやかに改修や整備をしなければなりません。
 (改修や整備は、消防設備士でなければできません。)
 千代田防災では、有資格者が作業を行います。

4.消防用設備等点検済表示制度
 点検済証ラベルは各都道府県消防設備保守協会に登録した点検実施者に交付され、
消防設備等の定められた位置に貼付します。
 点検済証ラベルは、法令に基づく適正な検査を行った証しです。
   ⇒詳しくはこちら≪消防用設備等点検済表示制度とは≫

5.保守点検の流れ
 準備中
 

消防設備設計・施工

 建造物の消防設備設計・施工から改修工事まで全てお任せ下さい!
 ビル、マンション、不特定多数の人が出入りする劇場や百貨店、多くの人が集まる学校や会社では、建物の規模、用途、面積、構造、収容人員などにより、各種の消防設備の設置が必要になります。
 千代田防災では、実績のある有資格技術者が設計・施工を行っております。

主な工事・施工対象設備

1.消火設備
 消火器 ・ 屋内消火栓設備 ・屋外消火栓設備 ・ スプリンクラー設備
 水噴霧消火設備 ・ 泡消火設備 ・ 不活性ガス消火設備
 ハロゲン化物消火設備 ・ 固定式粉末消火設備
 パッケージ型消火設備 ・ パッケージ型自動消火設備
 動力消防ポンプ設備・特定施設水道連結型スプリンクラ-設備

2.警報設備
 自動火災報知設備 ・ ガス漏れ火災警報設備
 漏電火災警報器 ・ 消防機関へ通報する火災報知設備
 非常警報器具及び非常警報設備(非常ベル及び放送設備)

3.避難設備
 避難はしご ・ 避難ハッチ ・ 緩降機 ・ 救助袋 ・ すべり台・誘導灯 ・ 誘導標識

4.消防活動に必要な設備
 連結送水管 ・ 連結散水設備
 非常コンセント設備
 排煙設備
 

防火対象物定期点検

 飲食店・商店・老人ホームなどの特定防火対象物で一定の収容人員が利用する防火対象物は、その管理の権限を有する者が、定期に、資格を持つ者に、防火管理の実施状況など、火災予防上の活動が適正に行われているかを点検させる制度です。その結果を1年に1回以上、所轄消防長又は消防署長に報告しなければなりません.

点検内容としては次の事項等があります。

1.防火管理者を選任しているか。
2.消火・通報・避難訓練を実施しているか。
3.避難階段に避難の障害となる物が置かれていないか。
4.防火戸の閉鎖に障害となる物が置かれていないか。
5.カーテンなどの防炎対象物品に防炎性能を有する旨の表示が付けられているか。
6.消防法令の基準による消防用設備などを設置し、点検されているか。
 

特殊建築物定期調査・建築設備定期検査

 学校や病院、スーパーマーケットやホテルといった、不特定多数の人々が利用する建築物を「特殊建築物」といいます。この特殊建築物には、多くの人が集まるだけに、火災などの災害が起こると大惨事に発展する恐れがあります。
 こうした事態を避けるために行われるのが特殊建築物定期調査および、建築設備定期検査です。
建物の管理者は定期的(1年または3年)に専門技術者に調査・検査を依頼し、その結果を特定行政庁に報告するよう建築基準法において定められています。

調査・検査内容としては次の事項等があります。

1.外壁・屋根・開口部・内装仕上げなどの耐火・防火性能
2.防火扉・耐火シャッターなどの耐火・防火設備
3.避難通路・避難バルコニー・避難器具・非常用侵入口などの避難設備
4.排煙設備・非常用照明装置・非常用昇降機などの非常用設備

 

建築物飲料水貯水槽清掃

きれいな飲料水は定期的な清掃・点検から

 安全な飲料水の供給に万全な体制で清掃・検査を実施しております。
貯水槽の清掃点検は、その有効容量により水道法や各自治体の条例により維持管理法が決められています。
 受水槽は、ビルやマンションに必要不可欠な設備。破損箇所をそのままにしておくと大きな故障に発展する可能性がありますし、清掃をおこたっていると水質は徐々に悪くなっていきます。
 千代田防災では、定期点検・水質検査・清掃など行っております。
 現在、貯水槽清掃済証のシールを発行しております。
 
before
after

防災管理点検

大規模な防火対象物の管理について権原を有する者は、防災管理点検資格者に建物の地震対策などの災害時に必要となる事項について1年に1回点検をさせ、その結果を消防署長に報告する制度です。
 
点検内容としては次の事項等があります。
 
1.防災管理者選任の届出及び防災管理に係る消防計画作成の届出が提出されていること。
2.自衛消防組織設置の届出が提出されていること。
3.防災管理に係る消防計画に基づき、防災管理業務・避難施設などの管理が適切にされていること等。
 

防犯カメラ設置工事

近年防犯意識の高まりから、防犯カメラを設置する事業所が増えています。
弊社では、担当者が現場を確認し、適切なカメラ台数とレコーダーのご提案を行い、施工を行わせていただきます。
 

防火設備定期検査

国及び特定行政庁が指定する防火設備の所有者(所有者と管理者が異なる場合は管理者)は、定期的に「検査資格者」にその防火設備を検査させ、その結果を特定行政庁に報告しなければならないことになっています。
 
検査対象設備は以下のものがあります。(火災時に連動作動するもの)
 
1.防火扉
2.防火シャッター
3.耐火クロススクリーン
4.ドレンチャー  等
 
 

千代田防災の実績【工事】

東村山市市内小中学校の消防設備修繕
【発注者】【件名(内容)】
立川市砂川学習館消防設備改修
西東京市田無庁舎ハロゲン化物消火設備取替工事
府中市矢崎幼稚園消防設備受信機修理
日野市消防用設備修繕(日野第四中学校)
町田市成瀬クリーンセンター本館自家発室ハロゲン化物消火設備ダンパー修繕
三鷹市第一中学校消防設備改修工事
東大和市消火栓修繕
東村山消防署東村山消防署消防用設備修繕工事
東京労働局品川労働基準監督所ほか10施設消防設備修繕
東京消防庁緑町第一家族待機宿舎消火設備用電源改修工事
東京都交通局消防設備補修工事
日本年金機構消防設備改修(千代田年金事務所外22ヶ所)
東京都住宅供給公社境川住宅 消火器設置工事
中野区教育センター自動火災報知設備改修工事
(発注者が官公庁等のもの一部抜粋)
東京消防庁多摩災害救急情報センター消火設備その他改修工事
東京都産業労働局東京国際フォーラム(26)泡消火設備改修工事
独立行政法人 国立青少年教育振興機構機構国立青少年教育振興機構国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟他二酸化炭素消火設備容器等交換工事
東京都住宅供給公社都営長房アパート立体駐車場自動火災報知設備修繕工事
東京都住宅供給公社都営調布すくのきアパート(4~6、8号棟)消火器取替工事
府中市府中市郷土の森博物館事務室連動自動火災報知設備改修工事
農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター研究情報計算センターハロン消火設備修繕工事
東京都下水道局 南部下水道事務所東糀谷ポンプ所自動火災報知設備補修工事
東京都下水道局北多摩二号水再生センター消防設備改良工事
東京都住宅供給公社トミンハイム国分寺泉町 自動火災報知設備修繕工事
東京都教育委員会東京都立埋蔵文化財調査センター(28)排煙窓改修工事

千代田防災の実績【点検】

東村山市市内小中学校消防用設備保守点検
小平市小平市庁舎防災管理点検業務
東村山市東村山市立中央公民館消防設備保守点検
東大和市庁舎消防設備保守点検
武蔵村山市建築設備定期検査
西東京市田無庁舎消防設備保守点検
昭島市ハロゲン化物消火設備容器弁点検
三鷹市特殊建築物定期調査報告
府中市幼稚園消防用設備等総合保守
国立市消防用設備保守点検
新宿区自家用発電設備保守点検(教育委員会)
東京消防庁東村山消防署ほか2か所消防用設備定期点検
東京法務局立川合同庁舎消防用設備保守点検
東京交通局防災管理点検
日本年金機構日本年金機構本部(研修センター)非常用発電機及び付属機器点検修理
航空自衛隊(横田基地)消防用設備保守
航空自衛隊(立川分屯基地)排煙装置保守点検
関東管区警察学校非常用発電機定期点検
府中刑務所消防用設備点検
(発注者が官公庁等のもの一部抜粋)
【発注者】【件名(内容)】
東京消防庁北多摩西部消防署他3か所消防用設備等点検保守委託
千葉水道事務所千葉水道事務所自家用発電機設備保守点検委託業務(本所・千葉西支所・市原支所)
防衛省共済組合市谷会館東館、西館、教会式場消防用設備保守点検
府中市小学校消防用設備等総合保守委託
気象衛星センター消防用設備等点検
日本郵便株式会社立川郵便局ほか27箇所消防用設備等点検保守請負
東京都交通局車両検修場消防用設備点検業務委託
立川市立川競輪場非常用発電機設備保守点検委託
東京都住宅供給公社平成27年度消防用設備等定期点検保守委託(新小岩、西新井窓口センター所管の住宅及び施設)
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構障害者職業総合センター消防設備不具合箇所の修繕および調査調整業務
独立行政法人日本学生支援機構東京国際交流館 消防設備の耐圧性能点検業務
お問い合わせ
042-394-7846
Fax 042-395-5457
メールフォーム
株式会社千代田防災
【本社】

〒189-0026
東京都東村山市多摩湖町1-24-1
TEL.042-394-7846
FAX.042-395-5457
【高田馬場営業所】
〒171-0033
東京都豊島区高田3-14-21
TEL.03-5927-9910
FAX.03-5927-9917
<業務内容>
・消防用設備保守点検
・消防設備設計、施工
・防火対象物定期点検
・特殊建築物定期調査
・建築設備定期検査
・防火設備定期検査
・建築物飲料水貯水槽清掃
・防災管理点検
・防災用品販売
・防犯装置設置工事
<事業許可・免許>
消防施設工事業
電気工事業
東京都知事許可(般-29)第71616号
0
4
0
8
2
9